2010.06.10 Thursday

2010年06月10日

人間関係学部卒業生の皆さんへ:イベント告知

福岡女学院大学人間関係学部12年の歩み
「いま、ここで、人間関係学部」

人間関係学部卒業生の皆さんへ

1999年に人間関係学部が開設され、早いもので11年間が終わり、
12年目の春を迎えております。
福岡女学院125周年および福岡女学院大学20周年記念を迎えます今日、
この機会に人間関係学部もこれまでの歩みを楽しみたいと思います。
6月13日(日)、天神サテライトに、
現職および今まで人間関係学部に所属なさった先生方が、
卒業生の皆さんにお逢いするために集まります。
「いま、ここで」、ひさしぶりに人間関係学部時代を想い出してみませんか?
そして、今日の貴女を人間関係学部の仲間に逢わせてくださいませんか?
お茶のみを準備しております。
後は愉しい会話があれば、明日の輝きを増すこともできるかと思います。
梅雨の日曜日が陽光美しきつながりの日となるよう願っています。

日時:2010年6月13日(日)11時~16時
場所:福岡女学院 天神サテライト
      〒810-0001 福岡市中央区天神2-8-38 協和ビル9F
      TEL:092-715-2718 http://www.fukujo.ac.jp/tenjin/
      (天神駅3番出口を出て左隣のビル)

出席の連絡は不要です。当日気軽にお立ち寄りください。
※6月12日(土)・13日(日)は、天神にて大学20周年記念イベント
  「Mission Festa in 天神」が開催されています。


■□■教員在席予定(五十音順・敬称略)■□■

■現人間関係学部教員■

ほぼ全時間帯在席
 運営スタッフ
  佐野幸子・角南良幸・原崎聖子・藤村まこと・本村仁恵
 現学部長
  野中靖臣

以下は,確実な在席時間です。その前後も在席する可能性があります。
 11時~
  岡本裕子・濱﨑智子
 12時~
  安中康子・川口さやか・吉田尚史
 13時~
  大野博之・原田大介・船津美智子
 14時~
  大里大助・牧正興・原口芳博
 15時~
  岩﨑志保・岩下伸朗・山口伸枝

 ※サテライト以外
  内本充統:天神の街中でトイレマップ作成
  坂元明子:警固神社でお茶会
  文屋敬:天神の街中でトイレマップ作成

■過去に在籍なさった先生方■
 既にご出席のご連絡をいただいている方々のみ
 ※以下はご来場予定時刻です。ご滞在なさる時間は不明です

 11時
  岡玲子・丸山孝一
 13時
  篠原忍
 14時
  原武哲・石橋徹(雨天の場合のみご来場)
 15時
  壹岐裕志
 時刻不明
  清川直人・田崎敏昭・徳永徹・増田榮

 ※サテライト以外
  上田修:天神の街中で募金活動

HP担当者 | ニュース | 21:59

2010.03.08 Monday

2010年03月08日

卒業研究発表会授賞者決定

  人間関係学部に所属する有志教員による心理学系卒業研究発表会が、2月1日に開催されました。今年度は、初めての試みとして、投票によって優秀賞を決定することにしました。その結果が下記のように発表されました。
  表彰式は、3月10日(水:卒業礼拝日)の13:00からです。いずれの賞にも有志教員私費による副賞が準備されているとのこと。さて、その中身は何でしょうか。

*最優秀賞*
  各賞すべての総合票が最も多かった研究
    山下 しおり  「ポジティブな目標フレーミングは効果をもつのか」

*優秀賞(各賞)*
  社会的意義賞:社会や人の役に立ちそうな研究
    伊藤 友紀    「日本の裁判員制度における裁判員の心理学的負担に関する研究
  独創的着想賞:人に話したくなるような研究
    原田 愛子    「ジブリ作品の魅力
  努力賞:時間と労力をかけていそうな研究
    福田 春菜    「青年期における「共感経験」と「現実の友人関係スタイル」
                   からみる不適応との関連」
  プレゼン賞:きれいで見やすく、わかりやすい研究
    二石 綾子    「女子大学生の友人とのつきあい方が孤独感に及ぼす影響について」

*奨励賞(特別枠)*
  総合10票以上獲得、残念ながら各賞・最優秀賞には漏れた者
    瀬内 逸美    「共感覚が人間関係に及ぼす影響」
    頼永 真由美  「女子大学生におけるふれあい恐怖心性の発達課題」
    内藤 有紀    「女子学生における感情表出コーピングが及ぼす影響」
    勝木 依子    「ユニバーサルデザイン」
    髙橋 梓      「成人ADHDにおける心理療法の可能性」
    堺 美優紀    「犯罪被害者の実名・匿名報道に関する研究」
    樫村 香那子/山口 奈津希「大学生活における生活充実度
                             ―学科内比較―(共同発表)」
    満生 理絵    「他者による評価を気にする者の特徴」

HP担当者 | カリキュラム/授業 | 20:54

2010.01.31 Sunday

2010年01月31日

小学校でのサポート活動が毎日新聞に

1月14日のブログに掲載しています「小学校でのサポート活動」が毎日新聞に取り上げられ、今日(2010年2月20日)の朝刊に載りました。
機会があれば、図書館等でご覧ください。
なお、残念ながら写真を観ることはできませんが、インターネットで「特別支援教育 福岡女学院」をキーワードに検索なさると記事の本文を読むことができます。

心理学科は、これからも社会と結びついた教育を展開していきたいと思います。

※写真は、奇先生が毎日新聞社の方に取材を受けた日の様子です。
      %E5%A5%87%E5%85%88%E7%94%9F%E5%8F%96%E6%9D%90%E8%A8%98%E8%80%85%E5%BE%8C%E5%A7%BF010N2.JPG

HP担当者 | カリキュラム/授業 | 17:22

2010.01.31 Sunday

卒業研究発表会開催予告

今年も有志教員による「2009年度 心理学系卒業研究発表会」が開催されます。

発表見学は、どなたでも可能です。
興味がある方は、いらっしゃってはいかがですか。
詳細は以下のものです。

会がどのようなものか、お知りになりたい方は、過去の記事をご覧ください。
昨年行われました会の様子や、発表タイトルを知ることができます。

以下は、今年度の卒業研究発表会の詳細です。

日時    :2009年2月1日(月) 12:45-14:45(10:00~15:30)
会場    :福岡女学院大学 4号館 422教室
発表者  :下記指導教員のゼミに所属する学生
            安中康子、藤村まこと、原口芳博、重橋のぞみ、奇恵英、牧正興、
            大野博之、大里大助、佐野幸子、米川勉(abc順)
発表方法:パネル
            前半(12:45-13:45):発表番号奇数の発表
            後半(13:45-14:45):発表番号偶数の発表
            ※発表者、発表番号および発表題目一覧は、
              当日配布します。

HP担当者 | カリキュラム/授業 | 17:22

2010.01.14 Thursday

2010年01月14日

社会と繋がる心理学科:小学校でのサポート活動

 

心理学科では近隣の小学校と提携を結び、
主に3年生で希望する学生を小学校に派遣し、
担当クラスの子ども達の学習や仲間関係作りのサポートをします。

参加学生は小学校現場で素晴らしい出会いと学びを得、
対象小学校からは大きな助けになるとの高い評価を得ています。


 

   %E5%80%8B%E5%88%A5%E6%8C%87%E5%B0%8E.jpg

       個別指導が必要な生徒のお手伝い

 

 

   %E5%A4%AA%E9%99%BD%E8%A6%B3%E5%AF%9F.jpg

      理科の授業で太陽観察中

2009.12.05 Saturday

2009年12月05日

公開講演会のお礼とご報告

本日(12月5日)は、
   2009年度福岡女学院大学公開講演、
   2009年度日本心理学会認定心理士研修会
         (福岡女学院大学・日本心理学会共催)
    「リラクセイション療法の実践」に
 ご来場賜り、誠にありがとうございました。

 予想を超える多数のご来場に感謝申し上げますと同時に、
   席の確保等にてご迷惑をおかけ致しましたことを心よりお詫び申し上げます

 今回の会は、心理学科が中心となって進めさせていただきました。
 ご来場の皆様には、この会が、ささやかなりとも、
   気づきや学び、喜びなどをお贈りできていましたらと、
   心より願っております。
 今後も、学外の方々との繋がりを大切に、研鑽して参ります。
 ご支援いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

      福岡女学院大学人間関係学部心理学科学科長 佐野幸子
        (日本心理学会認定心理士研修会委員会委員)

 追記:
 会は、下記の次第で展開させていただきました。
 写真等の詳細は後日、心理学科Todayにアップさせていただきます。

 「リラクセイション療法の実践」
   開会の挨拶
     福岡女学院大学学長 古川照美
     日本心理学会理事長 繁桝算男(帝京大学文学部教授)
   講演・研修:
     福岡女学院大学人間関係学部心理学科教授 大野博之
     福岡女学院大学人間関係学部心理学科准教授 奇恵英
       ※お話だけではなく、実習も含めさせていただきました。
   閉会の挨拶
     福岡女学院大学人間関係学部学部長 野中靖臣

HP担当者 | ニュース | 18:45

2009.12.04 Friday

2009年12月04日

(対象)コミュニケーション入試Ⅰ合格者:Eメールアドレスを

2010年度 コミュニケーション入学試験Ⅰ期 合格者の皆さんへ

既に紙面文書にてお願いしている件ですが、
Eメールアドレスを教えてください。

あなた方と私たち教員間のコミュニケーションを充実させるため、
Eメールを使用したいと思います。
下記の事項をEメール本文に記載して、
shinri2010@fukujo.ac.jp  宛に送信してください。

Eメールのアドレスは、できれば携帯メールではなく、
PCメールのアドレスをお願いします。

Eメールのタイトルは、
2010年度合格者氏名(例:2010年度合格者佐野幸子)
としてください。

では、Eメールをお待ちしています。

*** Eメール本文への記載事項 ***
氏名:
高校名:
入試形態:コミュニケーション1
Eメールアドレス:

HP担当者 | 合格者の皆さんに | 11:01

2009.12.04 Friday

(対象)推薦入試合格者:Eメールアドレスを

2010年度 推薦入学試験 合格者の皆さん(編入学は除きます)へ

既に紙面文書にてお願いしている件ですが、
Eメールアドレスを教えてください。

あなた方と私たち教員間のコミュニケーションを充実させるため、
Eメールを使用したいと思います。
下記の事項をEメール本文に記載して、
shinri2010@fukujo.ac.jp 宛に送信してください。

Eメールのアドレスは、できれば携帯メールではなく、
PCメールのアドレスをお願いします。

Eメールのタイトルは、
2010年度合格者氏名(例:2010年度合格者佐野幸子)
としてください。

では、Eメールをお待ちしています。

*** Eメール本文への記載事項 ***
氏名:
高校名:
入試形態:推薦
Eメールアドレス:

HP担当者 | 合格者の皆さんに | 10:55

2009.11.27 Friday

2009年11月27日

入学前学習:「e学び力」のご案内

2010年度入学試験合格者の皆さん、ようこそ心理学科に。

推薦入学試験やコミュニケーション入学試験に合格なさった方々は、
心理学科の一員となることが決まったことになります。
これから入学までの時を、どのようにお過ごしになりますか?
思いっきり楽しみ、積極的に学んでいただければと願っています。

ところで、心理学科では、入学後の学習をより有効なものとするため、
Eラーニング(インターネットを使用しての学習)を準備しています。
使用する教材は、「e学び力」というソフトで、
「聴く」、「読む」、「調べる」、「整理する」、「書く」という
大学で学ぶために必要となる5つのスキルを伸ばすことができます。

この学習は、推薦入学試験および
コミュニケーション入学試験Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの合格者が対象となっています。
利用にはIDとパスワードが必要です。
詳しい使い方やIDなどが記載された「利用の手引き」は、
合格発表後、心理学科から郵送されます。

利用開始は12月7日(月)ですが、現在でも
http://emanabi.asahi.com/fjushinri/
にアクセスすればトップ画面を確認することができます。

学習することは、スキルを確実に伸ばし、
あなたを素晴らしく成長させます。
Eラーニングに限らず、本を読むことも良き学習です。
大学生活への助走となる春までの時間、
是非とも充実したものになさってください。

HP担当者 | 合格者の皆さんに | 09:20

2009.10.24 Saturday

2009年10月24日

授業での稲刈り

重橋のぞみ先生より、
ご担当の授業「フィールドワークF」についての話が入りました。
以下は、先生から届いた写真と文章です。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

10月20日にフィールドワークの授業で「稲刈り」を行いました!

6月の「田植え」から4ヶ月が経ち、豊かに実った稲を学生達が収穫しました。当日は天気が良く、気持ちよく稲刈りを行うことができました。慣れない作業にはじめは戸惑う姿も見られましたが、段々と作業能率もあがり、授業の時間内で全部を刈り取ることができました。

        %E7%A8%B2%E5%88%88%E3%82%8A%E7%A8%B2%E5%88%88%E3%82%8A200910202.jpg  

                         %E7%A8%B2%E5%88%88%E3%82%8A%E7%A8%B2%E6%89%8B%E6%B8%A1%E3%81%9720091020N2.jpg          

稲刈りを順調に行うことができたのは、稲の刈り方についてJAの方達が丁寧に楽しく指導してくださったおかげです。JAの皆様ありがとうございました!

  %E7%A8%B2%E5%88%88%E3%82%8A%E9%9B%86%E5%90%88%E5%86%99%E7%9C%9F20091020N2.jpg

福岡女学院人間関係学部では、フィールドワークにおいて食物を育て、土に触れることを通して、「いのち」を感じ・考える授業を行っています。「田植え」や「稲刈り」を自らが行うことは、学生達にとって貴重な体験となっています。食物に対する「感謝」の気持ちを感じながら、実際に収穫したもち米を頂くのは、12月の「餅つき」まで待つことになります。「餅つき」を行う日を受講者は皆、心待ちにしています。

HP担当者 | カリキュラム/授業 | 10:08

Fukuoka Jo Gakunin 2007.All Rights Rreserved.